フィリピンの旅・写真館+フィリピンに行こう、Piccのブログ

フィリピンの風景を写真で紹介

バレテ峠、日米激戦の地 (Balete)

ライステラスの旅、03、 (04.15.2012)
IMGP8826120415.jpg
クバオからバスに乗り約6時間半、バレテ峠に到着しました、

場所は、ヌエバエシヤとヌエバビスカヤの両州境にあります、
IMGP8829120415.jpg
ここは、第二次世界大戦、昭和20年2月から5月まで、
日米の激戦が行われた地、(米軍名:ダルトン・ヒル)

IMGP8837120415.jpg
漢字が書かれているから日本の碑かと思ったら・・・・
日本軍と戦った中国系フィリピン人の
「菲葎濱血幹團抗日殉難烈士紀念碑」でした、

IMGP8848120415.jpg
この3本のポールには、どこの国旗が揚がるのでしょうか?

IMGP8857120415.jpg
それより上に、日本の慰霊碑が在ります、

IMGP8860120415.jpg
4碑が在りました、

左の碑には、こう書かれています、
IMGP8877120415.jpg
ここバレテを巡る山野は1945年1月から半年に亘り
「鉄・撃・泉」の日本軍と米比軍が壮絶な死闘を続け
阿修羅の鮮血で染められた天地慟哭の戦跡である
この決戦は北部ルソンの命運をかけ祖国のため
一万七千百余の両軍の戦士が砲火の中に散った
ここにその遺烈を偲び鎮魂の祈りを捧げ人類永遠の
平和を願ってこの碑を建てる
1984年3月 バレテ慰霊会

IMGP8902120415.jpg
十字架が画かれている碑の裏側、

右の碑には、こう書かれています、
IMGP8910120415.jpg
この地は昭和48年(1973)日本派遣の戦没者遺骨収集団が
この地域の戦没英霊のご遺骨を荼毘に附し残灰を埋葬した所である
この十字形追悼碑は日比親善慰霊会が住民の協力に感謝し
サンタフェ町に公民館を寄贈した事に対し当時の町長トム・チェンカイ氏
が日比親善と永遠の平和を願って土地を提供し建てたものである
日比親善慰霊会

IMGP8923120415.jpg
日本の慰霊碑から、さらに坂を登ると・・・・、

IMGP8929120415.jpg
そこには、展望台があります、

IMGP8926120415.jpg
入場料(管理費)として10ペソ、

IMGP9034120415.jpg
ここが頂上、

IMGP8961120415.jpg
辺りを一望でき、写真中央がバスを降りた場所、

IMGP8965120415.jpg
こちらは、マニラ方面、
日本軍は、この辺りに陣を張り、北上する米軍を迎え撃った
のでしょう・・・

IMGP9023120415.jpg
あと、この付近で有名なのは”サクラサク峠”が在るのだが
日程の関係で、今回は見送った、

IMGP9037120415.jpg
こうして、バレテ峠の見学を終えるのでした、

IMGP9043120415.jpg
バスを降りた場所に戻り、北に向かうバスを待ったのでした、




フィリピンの旅・写真館、http://www.geocities.jp/picc1212/



にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ ハーフの子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:フィリピン - ジャンル:海外情報

  1. 2012/11/01(木) 02:02:23|
  2. バレテ峠 (Balete)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
次のページ

FC2カウンター

プロフィール

Picc

Author:Picc
フィリピンの風景を写真で紹介
愛用カメラはmade in フィリピン
好きな乗り物、エアコン無しバス
宿は安宿、500ペソ以下を選択

当写真館ホームページ

フィリピンの旅・写真館

トリップアドバイザー

おすすめブログに認定 されました

トリップアドバイザー
ルソン島Bontocの観光・ホテル口コミ情報

最近の記事

カテゴリー

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 300

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

リンク

ブログ内検索

登録しているブログサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ にほんブログ村 海外生活ブログへ

FC2ブログランキング

banner_01.gif