フィリピンの旅・写真館+フィリピンに行こう、Piccのブログ

フィリピンの風景を写真で紹介

スールー諸島 (ZANBOANGA)

妊婦を連れての南の島巡り、16、
IMGP0022100922.jpg
BPI(銀行)の角を曲ると、

IMGP0191100922.jpg
ポストオフィス(郵便局)が在り、

IMGP0178100922.jpg
サンボアンガ港になります、
港は町の中心(シティーホール)まで、歩いても5分程度で、
重たい荷物が無ければ歩いて行けます、



スルー諸島の玄関口
IMAGE0103100924_2.jpg
マニラから見れば、サンボアンガは南の端になりますが、
フィリピン共和国は、この先約370kmシタンカイまで
となっていて、サンボアンガはスルー諸島の玄関口となります、

IMGP0180100922.jpg
この地域は、フィリピン反政府のイスラムゲリラ等(アブサヤフ、
モロ・イスラム解放戦線)の拠点、それに加えてマラッカ海峡に
出没する海賊の拠点が在ると言われていています、

IMGP0181100922.jpg
この地域の住民はイスラム教徒が大多数を占め、同胞を巻き込む
爆弾テロは無いと思うが、身代金目当ての外国人誘拐事件が後を
絶たないのです、

IMGP0183100922.jpg
私は日本政府に迷惑も掛けたくなく、渡る事を見送っています、

IMGP0182100922.jpg
フェリーの行き先によく書かれているホロ島(JOLO)は、
ミンダナオ島とのボルネオ島中間地として、第二次世界大戦時に
6~7千人の日本兵が駐留していましたが、生き残ったのは
1%程度だと言われています、

IMGP0188100922.jpg
あ・・・、これらの時刻表を見て、無闇に旅の計画を立てないで
下さいね・・・・汗、

IMGP0184100922.jpg
さんご礁が広がり、ジュゴンが住むという海、治安が安定したら
訪れてみたいが・・・、とうぶん無理だろうな~~~??




外務省、海外安全ホームページから転載、

フィリピンに対する渡航情報(危険情報)の発出(2008/11/18)
 ●ミンダナオ地域の南サンボアンガ州、北サンボアンガ州、サンボアンガ
  ・シブガイ州、西ミサミス州、南ラナオ州、北ラナオ州、コタバト州
  (旧北コタバト州)、マギンダナオ州、スルタン・クダラット州、シャ
  リフ・カブンスアン州、サランガニ州、バシラン州、スールー州、タウ
  イタウイ州、コタバト市(周辺海域を含む)
    :「渡航の延期をお勧めします。」(継続)
 ●ミンダナオ地域のサランガニ州
    :「渡航の延期をお勧めします。」(引き上げ)
 ●ミンダナオ地域のうち上記「渡航の延期をお勧めします。」発出地域以
  外の地域(カミギン州、カガヤン・デ・オロ市及びダバオ市を除く)及
  びパラワン州(最北部を除く)(周辺海域を含む)
    :「渡航の是非を検討してください。」(継続)
 ●ミンダナオ地域のカミギン州及びカガヤン・デ・オロ市
    :「十分注意してください。」(引き下げ)
 ●上記地域以外の全地域
    :「十分注意してください。」(継続)


昨年11月にマギンダナオ州アンパテゥアンで事件や、
現在アンボアンガ地区で続発する爆弾テロ、南部は旅を
お勧めできる地域ではありません(ダバオを除き)

もし、この事件等が旅の前に起こっていたら、
この地域の旅は延期したと思います、





フィリピンの旅・写真館、http://www.geocities.jp/picc1212/


にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へにほんブログ村 海外生活ブログへ
ここを、クリックして頂けると、私の順位が上がるシステムに成っています、
フィリピン唯一の、貧乏・旅ブログを応援して下さい。


・・・・・フィリピンの旅~~がんばれ~~・・・・・・



当分アンヘレス画像は掲載しませんので、フィリピンカテゴリに変更いたしました、
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:フィリピン - ジャンル:海外情報

  1. 2010/09/24(金) 04:05:29|
  2. サンボアンガ(Zanboanga )
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<水上集落のモスク(TALUKSANGAY ZANBOANGA) | ホーム | 奥様は18歳、初めての電車>>

コメント

思い出して来ました

Piccさんの話を読んでいくうちに、十数年前のことをだんだんと思い出しました。海に面したサンボアンガの大きなホテルからの紹介ツアーで、モスレムの水上集落をバンカボートに乗って遠巻きに見学しました。あくまでの遠巻きです。くれぐれも目立つ動きはするなと念を押されました。そのころから観光気分より変な緊張感が増すばかりの旅となっていました。途中、白い浜に上陸し一休みしたのですが、すぐそばの砂浜にモスレムの墓地(砂が盛り上がっているだけ)があって、絶対そこには近づくなと言われました。また、バシラン島まで渡ってトライシクルで島を一周して回ったのですが、バシランまで結構遠くて、途中、島一つがまるまるプランテーション農園で、そこの住民は子供の教育まで農園側がやってくれるが自由がないとか、あの小島には海賊の隠れ家があって近づくと捕えられるとか、色々ガイドに脅され、バシラン島に上陸してからも住民の物珍しげな視線が気になって、まったくバシランでは何を観て回ったか、また、そのあとの帰り道のことなども不思議なくらい覚えていません。こんな緊張はそれ以降、夜中マニラのディビゾリアでタクシーを拾うために待ち続ける羽目になった時以外はありません。苦笑
  1. 2010/09/24(金) 20:04:10 |
  2. URL |
  3. じゅごじゅごん #FgCSg54U
  4. [ 編集]

Re: 思い出して来ました

じゅごじゅごん さん、

この地域は、異文化があり旅行者の目を楽しませてくれますが、
治安が落ち着かなければ、お勧めできる場所ではありませんね、

マニラの治安も良くないですが、抵抗しなければ、ある程度の
お金で事が済み、それ以上に発展する事は少ないと思います、
しかしスールーで事件になれば、人質ととなり拘束され、金額も
桁が違う事になるでしょう、今日も何処かで旅行者(鴨)を
待ち構えている人達がいる事だと思います、

  1. 2010/09/26(日) 01:21:30 |
  2. URL |
  3. Picc #-
  4. [ 編集]

こんにちは

こんにちは、皆さんお元気そうで何よりですね。
地図を見て懐かしくなりました。
もう10年以上前のことですが、
テレビの撮影の水中撮影担当で、ザンボアンガ~ホロ~タウイタウイ経由でシタンカイに行きました。
私が始めて経験したモスリムの街街でした。
  1. 2010/09/27(月) 16:12:24 |
  2. URL |
  3. duma #-
  4. [ 編集]

Re: こんにちは

duma さん、

>>ザンボアンガ~ホロ~タウイタウイ経由でシタンカイ

一度は行きたい地域です、
dumaさん、ガイドをお願いします・・・笑笑
  1. 2010/10/01(金) 05:02:36 |
  2. URL |
  3. Picc #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://picc1212.blog68.fc2.com/tb.php/1992-d6ebf53e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

プロフィール

Picc

Author:Picc
フィリピンの風景を写真で紹介
愛用カメラはmade in フィリピン
好きな乗り物、エアコン無しバス
宿は安宿、500ペソ以下を選択

当写真館ホームページ

フィリピンの旅・写真館

トリップアドバイザー

おすすめブログに認定 されました

トリップアドバイザー
ルソン島Bontocの観光・ホテル口コミ情報

最近の記事

カテゴリー

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 300

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

リンク

ブログ内検索

登録しているブログサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ にほんブログ村 海外生活ブログへ

FC2ブログランキング

banner_01.gif